バッチファイルを忘れずに管理者権限で実行させるには

ウィンドウズ

管理者権限で実行するバッチファイルを、たまにそのままクリックして実行してしまうことがあります。右クリックして「管理者として実行」をしなければいけないところをです。

その度、何か良い方法がないかと思っていたところ、良い方法を知りました。

バッチファイルのショートカットを作成し、そのショートカットのプロパティで「管理者として実行」を設定し、実行することでした。

ショートカットの作成

1まずバッチファイルのショートカットを作成します。
バッチファイルを右クリックで「ショートカットの作成」をクリックする。

2作成したショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
batch01

3タブ「ショートカット」か確認し、「詳細設定」をクリックします。
batch02

4「管理者として実行」をクリックしてチェックを入れ、「OK」をクリックします。
batch03

5「OK」をクリックして終了します。
batch04

6今後このショートカットを実行させれば、ちゃんと「ユーザーアカウント制御」のダイアログが出るようになります。

powershell を使ったバッチファイル

ところが悲しいことに、愛用しているファイラーの「annsFM」からは実行してくれません。 しょうがないので、プロデルで実行させるプログラムを作っていました。

でも、powershell を使えば 「annsFM」 からでも実行出来るバッチが作れることが分かりました。

バッチファイルの書式

powershell start-process 実行させるファイル -verb runas