Windows11/10 「USBメモリの取り出しアイコン」をタスクバーに表示

2023年1月26日タスクバー

USBメモリを取り出すには、通知領域にある「^」をクリックし、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」アイコンをクリックします。

デスクトップなどはアイコンの数も少ないのでいいのですが、ノートパソコンの場合は結構の数があるので、探すのに手間取ったりします。

USBメモリを接続したら通知領域に表示されたならば、ちょっとは便利になるんではないかと思い、そのメモ。

Windows11 の場合

スタートボタンより設定

1スタートボタン「田」を右クリックし、「設定」をクリックします。

2「個人用設定」をクリックし、「タスクバー」をクリックします。

3「その他のシステムトレイアイコン」をクリックします。

4「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」のスライドスイッチを「オン」にします。
そして、右上の閉じるボタン「×」をクリックで設定終了です。

5アイコンが表示されました。

タスクバーより設定

タスクバーの何もないところを右クリックし、「タスクバーの設定」をクリックします。
すると、手順3の画面になります。

Window10 の場合

スタートボタンより設定

1スタートボタン「田」をクリックし、設定「settings」をクリックします。

2「個人用設定」をクリックします。

3「タスクバー」をクリックします。

4「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリックします。

5「エクスプローラ ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」のスライドボタンを「オン」にします。

6すると、通知領域に表示されるようになります。

デスクトップから設定

デスクトップの何もないところを右クリックして、「個人用設定」をクリックします。
すると、上記の3の画面になります。

コメント欄を閉じる

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.