Windows8.1の基本操作

2020年6月17日入門

パソコンの起動

ノートパソコンの場合は、パソコンの電源ボタンを押します。スライドスイッチの場合もあります。
デスクトップパソコンの場合は、ディスプレイ(モニター)の電源ボタンを押し、パソコンの電源ボタンを押します。
電源ボタンには こんなマークがついています。
電源を入れてパソコンを使える状態にすることを、「パソコンを起動する」と言い、パソコンを起動すると自動でウィンドウズが起動します。

マウスの使い方

マウスは、パソコン操作で指示をする時に使います。

マウスの持ち方ですが、右手人差し指が左ボタンに、中指が右ボタンの上に来るよう軽く持ちます。
最初のうちは、アイコンなどを押したつもりでも押しきれてないことがあります。マウスのボタンを押した時にマウス自体が動いてしまっているからです。手首を机にしっかりと置いて操作してコツをつかんでください。慣れてくれば手首を机から浮かしていたって操作できるようになります。

マウスを上下左右に動かすと「マウスポインタ」が連動して動きます。
マウスポインタ(マウスカーソル)とは、操作する対象を指し示すものです。
マウスを動かして目的の場所(アイコンやボタンの上)に置くことを「ポイントする」といいます。

・クリック
左ボタンを「カチッ」と1回押す操作です。

・右クリック
右ボタンを「カチッ」と1回押す操作です。

・ダブルクリック
左ボタンを素早く2回押す操作です。

・ドラッグアンドドロップ
左ボタンを押したままマウスを移動することを「ドラッグ」といい、移動先で左ボタンを離すことを「ドロップ」といいます。この一連の操作を「ドラッグアンドドロップ」といいます。

・ホイールの操作
人差し指または中指で前後に回転させる。マウスポインタは動かず画面が上下や左右にスクロールします。

パソコンの終了

パソコンの電源を切るには、電源ボタンは使いません。

デスクトップ画面の場合、「スタートボタン」右クリック--->「シャットダウンまたはサインアウト」--->「シャットダウン」クリック。

スタート画面の場合、「電源アイコン」クリック--->「シャットダウン」クリック。

スタート画面

スタート画面の主だった名称です。

デスクトップ画面

デスクトップ画面の主だった名称です。

デスクトップ画面とスタート画面の切替

デスクトップ画面よりスタート画面へは、「スタートボタン」をクリックします。

スタート画面よりデスクトップ画面へは、「デスクトップタイル」をクリックします。

ウィンドウの移動

タイトルバーをドラッグします。

ウィンドウの拡大縮小

マウスポインタをウィンドウ枠へ置くと拡大縮小の形に変わります。ドラッグして拡大縮小します。

ウィンドウの最小最大化

スクロールバーの操作

「矢印キー」、「PageUP」、「PageDown」でもスクロールさせることが出来ます。