画像管理ソフトXnViewのzip版インストール

ソフトウェアグラフィック

今までポータブル版を使っていたのですが、zip版があることを知ったので、バージョンアップを期に乗りかえてみました。

マルチプラットフォーム対応版のXnViewMPなら64bit版もあり、ちょっと使ってみました。でも、操作が同じでなかったので使い慣れた従来通りのClassic版にしました。

XnView Ext.zip のインストール

1ダウンロード先:
https://www.xnview.com/en/xnview/

XnViewは「Minimal」、「Standard」、「Extended」がありますが対応画像形式が一番多い「Extended」を選択。

2ブラウザでダウンロード先を設定してないなら、通常「ダウンロード」フォルダーに保存される。エクスプローラーでダウンロードした「XnView-win-full.zip」ファイルをクリックすると「展開」タブが現れるので「すべて展開」をクリックする。

3展開先(インストール先)を指定し、「展開」ボタンをクリック。

4展開したファイルの中から、「xnview.exe」をダブルクリックで実行する。

5すると、「セットアップ」画面が出るので、それぞれ好みに設定し「OK」ボタンをクリックする。
「プログラムの設定の保存先」は、「シングルユーザ環境」にしました。これは、XnViewをインストールしたフォルダーに設定ファイルが保存されます。

aiファイル用にGhostscriptのインストール

1ダウンロード先:
https://www.ghostscript.com/ へ行き、

「Download」 → 「Ghostscript」とクリックしていく。

2XnViewは32ビットアプリなので、「Windows(32bit)」を選択する。

2ダウンロードした、「gs927w32.exe」をダブルクリックで実行すると、次の画面になるので「Next」ボタンをクリック。

3「I Agree」をクリック。

4インストール先を指定して、「Install」ボタンをクリック。

5「finsh」ボタンをクリックで終了。