画像ビューアIrfanViewポータブル版インストールとHELP日本語化

2022年3月29日AutoHotkey,グラフィック

バージョン v4.60 に更新しました。

最近 ai ファイルをよく扱うようになったので、画像ビューアを IrfanView portable版に乗りかえてみました。その時の設定メモです。

ポータブル版なので PortableApps.com で、本体と Postscript をダウンロード。

IrfanView だけでは ai ファイルを扱うことが出来ないので Postscript を。

ダウンロードしたファイル
・IrfanViewPortable_4.60.paf.exe
・GhostscriptPortable_9.55.0.paf.exe

ダウンロード

1入手先 PortableApps.com/jp

2「Apps」をクリック。

3Graphics & Pictures 項目欄の
「IrfanView Portable」クリックで IrfanViewPortable_4.60.paf.exe ダウンロード。

4Utilities 項目欄の
「Ghostscript Portable」クリックで GhostscriptPortable_9.55.0.paf.exe ダウンロード。

インストールと設定

1IrfanViewPortable_4.60.paf.exe 実行でインストール。

2GhostscriptPortable_9.55.0.paf.exe 実行でインストール。

3日本語化の設定。
IrfanViewPortable.exe 実行。
「Options」 → 「Properties/Settings」とクリックしていく。

4「Language」 → 「JAPANESE.Dll  日本語」 → 「OK」とクリック。

5日本語化される。

HELP の日本語化

1上記の日本語設定をしても HELP は日本語化されません。
で、HELP を日本語化する手順です。

2インストールした
\IrfanViewPortable\App\IrfanView フォルダーにある
i_view32.chm を
i_view32_bk.chm とでも適当に名前を変更します。

3同じフォルダーにある
i_view32_japanese.chm を i_view32.chm と名前を変更します。
これで HELP が日本語になります。

hostscript の指定

1hostscript の指定。
「オプション」 → 「プロパティ/設定」とクリック。

2PlugIns」 → 「Postscript オプション」とクリック。

3「Ghostscript(32)location:」項目に gsdll32.dll の場所を設定 → 「OK」とクリックし設定終了。

AutoHotkeyで「Enter」キー終了

IrfanView の終了キーは、「ESC」キーなので押しにくいんですよね。また、残念なことにキーカスタマイズが出来ないので AutoHotkey を使ってカスタマイズしました。

終了 を Enter と Q にも
全画面 Enter を Shift + Enter に変更

;***** IrfanView *****
#IfWinActive, ahk_class IrfanView
q::send, {Esc}			;終了
sc01c::send, {Esc}		;終了
+sc01c::send, {Enter}	;全画面
#IfWinActive