Zero キーボード向けPyxisライクなファイラー

ソフトウェアAutoHotkey,ファイラー

最近大変気に入って使っているファイラーです。

Pyxis を意識して作っておられるので、その事も気に入っている点です。

多くのファイラーは2画面がほとんどで、使ってはみてもなぜかシックリ来ないのですよね。やっぱり昔から使い慣れた1画面がシックリきます。

Zero は、まだまだ Pyxis のように機能てんこ盛りではありませんが、基本的な機能は網羅されていますので、自分としては十分です。

3月13日に ver.0.7.0 にバージョンアップされ、Zero を使いだしてからほしかったファイル名連番付加機能を導入して頂きました。もうこれで他のファイラーに切り替えずとも作業が出来快適です。

現在開発が進んでいますので、さらに使いやすくなるのが楽しみです。

4月10日 v.0.8.3 の画像に更新しました。

キーカスタマイズは、まだ出来ません。
私のノートは、PageUp PageDown キーが無いので内蔵テキストビュワーが使いづらいので、AutoHotkey でカスタマイズしています。

;***** 無条件 **************************
^m::send, {Enter}		;Ctrl + m は Enter
^h::send, {Backspace}	;Ctrl + h は Backspace
^g::send, {Delete}		;Ctrl + g は Delete

^e::send, {Up}			;Ctrl + e は ↑
^d::send, {Right}		;Ctrl + d は →
^x::send, {Down}		;Ctrl + x は ↓
^s::send, {Left}		;Ctrl + s は ←

;Windows + z はzero起動
#z::Run, D:\Zero\Zero.exe

;***** Zero v.0.8.3 ********************
;メイン窓 プルダウンより優先
#IfWinActive, ahk_class TZeroMainForm
q::send, {Esc}		;q は終了
^q::send, {Esc}		;Ctrl + q は終了
/::send, z			;/ はランチャーメニュー
^i::send, {f2}		;Ctrl + i はzero切り替え
#IfWinActive

;***** テキストビュワー
#IfWinActive, ahk_class TTxtViewForm
+Space::		;Shift + Space と
^Left::			;Ctrl + ← と
i::				;i は
send, {PgUp}	;ページアップ
return

Space::			;Space と
^Right::		;Ctrl + → と
n::				;n は
send, {PgDn}	;ページダウン
return

j::send, {Down}	;j は ↓
k::send, {Up}	;k は ↑
f::send, ^f		;f は検索
l::send, {f3}	;l は次を検索
o::send, +{f3}	;o は前を検索
g::send, ^j		;g は行番号ジャンプ
q::send, {Esc}	;q は終了
^q::send, {Esc}	;Ctrl + q は終了
#IfWinActive

;***** フォルダー選択
#IfWinActive, ahk_class TOpenDirForm
q::					;q または
^q::				;Ctrl + q が押されて
					;ファイル検索結果窓があるか
IfWinExist,ahk_class TFileListForm
	send, {Esc 3}	;あれば Esc 3回
else
	send, {Esc 2}	;無いなら Esc 2回
return
#IfWinActive

;****** ファイル検索結果
#IfWinActive, ahk_class TFileListForm
q::send, {Esc}		;q は終了
^q::send, {Esc}		;Ctrl + q は終了
#IfWinActive

;****** 属性変更
#IfWinActive, ahk_class TAttrForm
q::send, {Esc}
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** 並べ替え
#IfWinActive, ahk_class TSortForm
q::send, {Esc}
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** ドライブ変更
#IfWinActive, ahk_class TChangeDriveForm
q::send, {Esc}
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** 上書き確認
#IfWinActive, ahk_class TOverWriteForm
q::send, {Esc}
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;****** zero終了確認、エラーメッセージ
;エラーは A,R,I,Alt + F4 しか受け付けない
;#IfWinActive, ahk_class TMessageForm
;#IfWinActive

;***** 削除確認
;#IfWinActive, ahk_class TDelForm
;#IfWinActive

;***** 移動先、コピー先、展開先
#IfWinActive, ahk_class TInputDirForm
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** 名前変更
#IfWinActive, ahk_class TRenameForm
^i::send, !a	;Ctrl + i は以降、連続で名前変更
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** フォルダー作成、圧縮、パラメータ編集、実行
#IfWinActive, ahk_class TInputStrForm
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

;***** ファイル検索
#IfWinActive, ahk_class TInputSrchForm
^q::send, {Esc}
#IfWinActive

上記の設定により、下記の既定のショートカットは無効になります。
Windows + z : アプリのコマンドバー表示
Ctrl + e : 新規ファイル編集
Ctrl + h : カレントフォルダーを履歴に追加
Ctrl + x : 切り取り – エクスプローラー