文字入力の基本操作(Microsoft IME 2012)

ウィンドウズIME,入門

直接入力と日本語入力の切り替え

文字を入力するには、直接入力と日本語入力があります。
「半角/全角」を押すとごとに、直接入力と日本語入力が交互に切り替わります。

キーの刻印の見方

上段は、「Shift」を押しながら押すと入力されます。
左側は、ローマ字入力時に押すと入力されます。
右側は、かな入力時に押すと入力されます。

文字の削除

「Backspace」は、文字カーソルの左の文字を消します。
「Delete」は、文字カーソルの右の文字を消します。

カタカナや英数字へ変換

カタカナや英数字への変換は、「スペースバー」で変換するより、ファンクションキーで効率よく変換できます。
「F6」は、ひらがなに戻ります。

漢字へ変換

(1)漢字の読みを入力します。
(2)「スペースバー」又は、「変換」を押します。
ひらがなが漢字に変換されます。
(3)正しく変換されたら「Enter」を押して確定します。

変換前の修正

変換前の修正は、まず矢印キーの「←」や「→」で修正個所へ移動します。
修正後、変換して確定します。

変換候補一覧での変換

「スペースバー」を1回押して正しく変換されなかった場合は、さらに「スペースバー」を押します。すると、変換候補一覧が表示されます。希望する候補を選択して「Enter」で確定します。

文節移動

文節区切り直し

変換が変な場合は、「Shift」 + 「←」「→」 を使って文節を区切り直し変換します。

変換戻し

「Shift」 + 「ESC] ですべてひらがなに戻ります。
「ESC」 のみの場合は、変換対象部分のみひらがなに戻ります。

確定直後の確定取り消し

確定直後なら、確定直前の変換前の状態に戻せます。